RDFは水分の含有比率が低いため、単位重量当たりの発熱量がごみに比べて高いので安定した燃焼が可能です。またRDFの製造過程において廃棄物中の金属類や不燃物類が除去されるうえ、安定した燃焼が可能なのでダイオキシンの発生も低減できます。さらに、減容化でき長期貯蔵も可能ですので、輸送・貯蔵時のハンドリングもごみに比べ容易になるという特徴もあります。
 
  比較的規模の小さなごみ焼却炉(バッチ炉など)では、規模の大きなごみ焼却炉に比べて、ダイオキシンの発生量が多いことが厚生労働省の実態調査で明らかになっています。しかし、人口の少ない市町村では発生するごみの量が少ないため、大規模なごみ焼却処理は困難となっています。
 
  この様な状況から、各市町村で製造されたRDFを近隣に設置されたRDF利用発電所に集約して処理する広域化処理が考えられます。このシステムでは、各市町村単位でごみ焼却の代わりにRDFを製造します。 RDF製造施設ではごみが焼却されませんから、環境負荷は大幅に軽減されるのです。またRDFは輸送および貯蔵のハンドリングが容易であることから集約化が図れ効率的な処理が図れるのです。
 
つまり、RDFを高効率な発電所で燃焼し、同時に高度排煙処理により排ガスのクリーン化を図るのが「RDF利用発電」なのです。